フランス留学経験者があの時こうしておけば!と後悔

フランス留学する前にこれだけは必ずやっておいたほうがいいこと!

フランス留学する準備はどうですか?進んでいますか?

 

フランスの生活自体は日本よりも不便でサービスがかなり悪いので、それなりに自分で何でもできるように日ごろから癖をつけていたほうがいいです。

 

フランスで突発的に何か起きても、自分で落ち着いて対処もしなければいけないので。

 

いろいろな準備もあり、100%大丈夫!っていう状態で留学したいものですが、完璧に準備をすることは不可能です!

 

必要なものはフランスで買えるので心配ありません。

 

ただ1つ、留学する前に絶対やっておいたほうがいいことは、ズバリ、「フランス語」。
どんなに学校で勉強していてもしすぎることはありません。


忘れると大変?!フランス留学前に必ず必要なこと!

日本では私も日仏学院に通って、バレエのレッスンや公演の合間にフランス語を習っていました。もちろん文法と会話です。

 

だから学校でフランス人の先生とある程度コミュニケーションはとれていたし、フランス語も理解できていた。

 

だけど、いざトゥールーズに着いたら、フランス人が喋っていることも分からないし、内気な性格が災いして道を聞くこともできませんでした。

 

コンセルヴァトワールに通いながら大学の語学学校では、フランス語勉強していたのに、下から2番目の初級クラスですよ?!

 

フランスの語学学校は、文法からみっちりやり直しなんです。

 

日本で何も語学を勉強しないでフランスに留学してしまった外国人に対しては、フランス人の対応もかなり厳しい。

 

フランス語も英語も勉強しないで、フランスに来て何とかなるだろうという人もちらほらいましたが、日本のように外国人に親切な国ではありません。コミュニケーションがとれなかったら、何しに来たの?とまでも言われてしまいます。

 

やはりフランス語ができないといっても限度はあるんですよ。
何も勉強してない初心者には留学するのは時間の無駄。
フランス語を習ってきている外国人と比べると、上達度もそれほど芳しくなかったです。

 

特に、語学学校だけではなくその後専門学校に通おうと思ったり、大学に正規入学したい人は、フランスに来る前にちゃんとフランス語を習って老いてくださいね。そうしないとせっかく留学するのに、語学の初歩レベルの習得で終わってしまいますよ。時間もお金も無駄です。


フランス留学で知人や友人を早めに作って、楽しい留学生活を!

フランスへ留学すると語学学校だけが友人を作る場ではありません。

 

大学寮やホームステイした場合、ホームパーティーへ呼ばれた場合、必ずコミュニケーションの話題になるのが日本の文化や現在の習慣について。

 

フランス語もそれほど話せないのに、日本の文化をフランス語で説明する場面に出くわすことがたくさん生じます。

 

その時に、え〜と、う〜んとと話に詰まったり、下をむいちゃって分からないを連発する日本人の留学生も何人かみてきました。

 

これはやってはいけないこと! もし友人を作って楽しい留学生活を送りたいのなら、やはり自分の国の文化や伝統についてはカンタンな言葉でいいので、日本にいる間にフランス語で説明できるようにしておいたほうが断然いいです!

 

日本のガイドブックを読んで、地名では京都や奈良、築地、渋谷、大阪、文化では歌舞伎や能、日本オタクには秋葉原、メイドカフェ、マンガ、ゲーセン、パチンコ、プリクラ、アニメ、コスプレ等について説明できるようにしておく。

 

プラスそれについて「自分はどう思うか?」という自分なりの意見や感想が言えるようにしておくと、日本について詳しくせつめいできる日本人がいるっていうことで、徐々に芋づる式に日本好きなフランス人や外国人の友達が増えて、留学生活ももっと楽しく充実したものになります。

 

フランス語で日本のことを説明するのが難しければ、ペンパルの相手にフランス語に訳してもらったり、オンライン英会話の先生に英語で訳してもらったりすることもできます。

 

フランス留学の準備は大変ですが、フランス語を習うことと、日本のことをフランス語で簡単に説明できるようにはしておいてくださいね。


トップへ戻る